多根総合病院webサイトへ
転職ナースの方へ
資料請求はこちら
じまんのの教育制度って?看護部長ってどんな人?きつこう会看護部の考え方先輩からのメッセージ給与・休日
看護部長 special interview
看護部長イメージ

社会医療法人きつこう会は、多根総合病院を中心に保健・医療・福祉の複合体として各施設が機能的連携を強め、切れ目のない医療・看護を提供できるシステムを有しています。地域の方々のニーズに応え、昭和24年の開設から66年が経過しました。

 

看護とは、健康の回復や苦痛の緩和を行い、その最期までその人らしく生を全うできるように援助を行うことを目的とした非常に奥深い仕事です。患者さまそれぞれの人生は、1人として同じではなく、その個別性に応じた看護を提供するために私たちは、現状に満足することなく日々学び続け成長していかなければなければなりません。

 

そんな自己成長を支援するシステムとして、
【1】卒後5年までの経年別の研修
【2】一人7万円/年研修補助制度
【3】認定看護師や特定行為に係る看護師の教育支援制度等、学びたい人・頑張る人を応援しています。

 

また、よい看護を実践するためには、減り張りのある仕事の仕方をすることやプライベートの充実、気持ちのゆとりが重要です。そのため、夜勤体制はスタッフ皆の意見で変則二交替(14時間拘束)とし、看護方式はPNSを取り入れ3年目となりました。ワーク・ライフ・バランスの充実にも取組み、スタッフ全員で働きがいのある魅力ある職場作りを行っています。また、病院全体として顧客満足CSや職員満足ESにも取り組んでいます。

 

私の役割は、人財育成を行うこと、働きやすい職場をつくることだと考えています。スタッフ一人一人の成長が組織の発展につながり、それが両輪となり患者さまに良い看護の提供ができるからです。自分のなりたい看護師を目指して私たちと一緒に働いてみませんか。

ライン

大崎 総 看護部長 職歴

福岡県生まれ。
昭和59年3月九州大学医療技術短期大学部を卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂浦安医院に入職。
出産後に退職し3年間専業主婦。
平成2年1月より(現)国立病院機構の病院にて看護師、副看護師長、看護師長、副看護部長を経験し、
平成25年4月より当法人に入職後、平成27年度看護部長に就任。

このページのTOPへ
2012年度、第一次募集は 8月末をもって〆切ました。 ご応募、ありがとうございました。 第二次募集は退職状況をみて再開する予定です。