多根総合病院webサイトへ
転職ナースの方へ
資料請求はこちら
じまんのの教育制度って?看護部長ってどんな人?きつこう会看護部の考え方先輩からのメッセージ給与・休日
看護の楽しさを届ける先輩メッセージ
新宮
  • ICU
  • 新宮さやか
  • 入職:2010年
    出身校:奈良県立医科大学

根拠に基づいた看護を実践することで
自分のケアに自信を持てました

ICUでは緊急の治療を要する方や強い痛みや苦しみを伴った患者様のケアを行っています。新人の頃の私はいつも自信がなく、自分が何をしていいかわかりませんでした。また、患者様や家族と話すことや、自分の考え、やりたい看護を一緒に働くスタッフに伝えることも苦手でした。あるとき、自分の受け持ち患者様がとても苦しそうにしていたのですが、私は何もできず、医師に患者様の状態をうまく報告することさえできず、すごく悔しくて、患者様に申しわけない気持ちでいっぱいになりました。それから、私はもっと知識や技術を身に付け、患者様の苦痛をとってあげられる看護師になりたいと強く思うようになりました。そして、マニュアルに沿った確実な技術の実践や日々ベッドサイドでペアナースと患者の病態を学習していくことを繰り返しました。その結果、根拠に基づいた技術・ケアを行うことで自分の看護に自信を持てるようになりました。自信を持てたことで、患者さんや家族と話すことも苦手でなくなりました。一緒に働くスタッフと看護について積極的に意見交換もできるようになり、自分の成長を感じています。これからも自分の理想とする看護師に近づけるよう努力を続けていきたいと思います。

このページのTOPへ
松浦
  • 手術室
  • 松浦
  • 入職:2009年
    出身校:大阪保健福祉専門学校

日々の看護の中で見つけた目標を看護部から応援してもらいました

病院見学の際、男性ナースの先輩から「オペ室は雰囲気もいいし、いろんな手術をしているから経験になるよ」と聞いて興味を持ちました。それまでオペ室で働くことは考えていませんでしたが、新病院が完成するタイミングでもあったのでチャレンジしてみようと思ったんです。また男性ナースの数が多いことや、卒後研修が充実していることも魅力でした。
1年目には新人ローテーション研修が行われ、他部署でも実地研修を受けました。手術室にすぐ配属されると病棟のことが何もわからないままになってしまいますが、この時の経験があって病院全体の流れを理解できるようになりました。また1年目から5年目までは段階別の集合研修があり、自分の能力に合わせて成長していくことができます。その他にも院内研修や勉強会、院外の研修参加への補助制度など様々な機会を活かし、継続的に学習できます。現在は、手術を受けられる患者様のケアにあたる日々です。当院は、24時間体制で手術を行っています。特に日帰り手術で豊富な実績があるため、遠方からも多くの患者様が来られます。そんな患者様とのコミュニケーションを大切にし、不安を少しでも軽減するのが看護師の役目だと思っています。

このページのTOPへ
松下
  • 10階病棟(整形外科)
  • 松下祥子
  • 入職:2010年
    出身校:香里ヶ丘看護専門学校

「人間関係の良さ」が多根の自慢!
1年目はそれぞれチューターがつきます

多根総合病院に興味を持ったのは、友達から「すごく教育に力を入れているらしいよ」と聞いたのがきっかけです。その後、見学した時に個別でサポートしてくれるチューター制度があることを知り、「ここなら不安なく働けそう」だと入職を決めました。実際、1年目はチューターの先輩がマンツーマンでついて、仕事の仕方から、学習の仕方、悩みごとの相談まで、いろいろと支援してもらいました。右も左もわからず不安でたまらないなか、チューターの先輩が気にかけてくれてすごく安心したのを覚えています。
入職4年目の今は、私が後輩を指導する立場です。研修でリーダーシップについて学びますが、実際の指導は難しく苦戦しています。先輩たちも同じように苦労しながら私たちを指導してくだったのだと思うと、改めて尊敬します。私がこの病院でずっと続けてこられた理由を挙げるとしたら、「人間関係の良さ」だと答えます。仕事中はもちろん集中していますが、休憩時間はみんなでわいわい話し、休みの日は食事や旅行に出かけることもあります。仕事はハードでも、一緒に楽しく働ける仲間がいるから、やめたいと思ったことはないですね。これを見ているあなたも、明るく笑顔のあふれる病院で一緒にがんばりましょう!

このページのTOPへ
西村 悠希
  • 日帰り手術センター
  • 西村 悠希
  • 入職:2010年
  • 出身校:園田学園女子大学

TOOTASナースを目指して積極的に取り組む姿勢に惹かれました

「看護の知識・技術の原理・原則に則り、5感を生かした観察と患者個々に応じた創意工夫を考え行動する看護師」というTOOTASナースを目標に掲げ、一人ひとりが目標に向かって、今、何をすべきなのかを考えながら行動していることが、看護部の特長であり、魅力です。
私自身は、日々学習して看護実践に活かすこと、患者様の視点からものごとを考えて関わることを大切にしています。
看護部にはさまざまな研修があるのですが、その中でも特にどんな疾患や症状に対してどのような看護を展開したかを発表するケーススタディから多くのことを吸収することができました。自分の看護を見直すだけでなく、他の方の看護を知ることで自分では思いつかなかった視点があることを学び、看護の幅ができました。これからも多くの方に笑顔になってもらえるよう、患者様やご家族に寄り添った看護を実践していきたいと思います。
これから新しいキャリアをスタートさせる方も、多くのことを学び、たくさんのよろこびに出会ってください。

このページのTOPへ
池田 光世
  • 救急外来
  • 池田 光世
  • 入職:2009年
  • 出身校:住友病院附属高等看護学院

進みたい看護の道を支援してくださるのでいつもやる気全開です!

看護部の大きな魅力は、自分がやりたい看護をサポートしていただける環境が整っていることです。私は救急の中でも特に災害医療や外傷看護に関心があるのですが、自分の持っている知識や技術を他のスタッフと共有するなど、看護部全体のレベルアップに貢献できる場を設けていただいています。さらに2010年には当院初のDMAT隊員に選出していただき、モチベーションアップにつながっています。
普段の看護では医療チームの一員として、スムーズに治療を行うためのサポートや、患者様とご家族のケアを行っています。患者様はもちろんのこと、衝撃の段階にあるご家族のメンタル面のケアも大切にしています。
迅速な判断と適切なケアが求められる厳しい職場ですが、それだけやり甲斐も大きいです。患者様主体の医療をモットーにする当院で、チカラを合わせてより良い病院をつくっていきましょう!

このページのTOPへ
山本
  • 11階病棟(消化器内科・形成外科)
  • 山本
  • 入職:2010年
    出身校:和歌山県立医科大学看護学部

病棟は和気あいあいとした雰囲気
楽しく看護を学べる場です

日々の看護のなかで、私は患者様の些細な変化や思いへの「気づき」を大切にしています。「気づき」を得るためには患者様としっかりコミュニケーションを取り、表情や言動を観察することが欠かせません。常に患者様の思いに寄り添い、入院生活をより安全に安心して過ごせるように働きかけ、退院に向けての目標設定を行うことが大事だと思っています。私のいる病棟では消化器内科や形成外科の患者様が多いため、ケアによって改善される様子が見えやすいというのがやりがいにつながっています。患者様と一緒に目標を達成し、笑顔で退院される時は「やっていて良かった!」と嬉しくなりますね。
私は入職4年目ですが、多根総合病院に入って本当に正解だったなと感じています。新病院で設備もきれいですし、教育制度も充実しています。それに何より、病棟が明るい雰囲気で楽しく看護を学べます。入職前は「女性の多い職場だからギスギスしていたらイヤだな」と心配していて、こんなにみんな仲が良いとは思っていませんでした。実際働いてみてわかったんですが、自分の看護観を育てていくうえで、職場環境はすごく大事。皆さんもまずは見学に来てこの雰囲気を体感してほしいと思います!

このページのTOPへ
2012年度、第一次募集は 8月末をもって〆切ました。 ご応募、ありがとうございました。 第二次募集は退職状況をみて再開する予定です。