多根総合病院webサイトへ
転職ナースの方へ
資料請求はこちら
じまんのの教育制度って?看護部長ってどんな人?きつこう会看護部の考え方先輩からのメッセージ給与・休日
教育研修

多根総合病院が求める看護師像について

TOOTASナース

多根総合病院が目指す看護師像

多根総合病院に採用された方々は、当院の目指す看護師像に到達できるよう成長していただきます。当院の目指す看護師は「TOOTASナース」と称し、「看護の知識・技術の原理・原則に則り、5感を生かした観察と患者個々に応じた創意工夫を考え行動する看護師」です。

Theory 知識・技術の原理、原則に則り
Observation 適時・適切な観察と科学的根拠を持つ
Originarlity 患者個々に応じた創意工夫の看護
Think 常に思考する
Action 行動する
Sense 5感を生かす
 
TOOTAS(トータス)ナース・・・きつこう会のカメ(tortoiseトータス)
きつこう会の教育体制概要

教育とは自らが自らを磨くこと(自助練磨)が原則です。
当法人は皆様が学ぶ意欲を高め成長していただくための様々な支援体制を整えています。
それは、教育三原則の下、人間関係の良い職場づくりに努めながら、患者様のQOL(生活の質)の向上を考える看護師育成のための、個人の成長段階を踏まえた下記のような系統的な教育です。

教育基本三原則

このページのTOPへ

社会医療法人きつこう会 看護部 卒後の教育構想

 

教育理念 当院の理念に基づき、患者様のQOLの維持、向上を目指し質の高い看護 サービスを提供できる看護職員の育成と進歩をめざします。また、看護を学ぶ全ての職員に学習の場を提供します。
教育目的 地域における当院の役割・機能を推進しうる専門職業人としての自覚を養い、看護実践能力を向上させる。
教育目標
  1. あらゆる対象を理解し、人権を尊重し、健康の増進、疾病の予防・健康回復、苦痛の緩和を図り、看護過程が展開できる能力を養います。
  2. 看護の専門職業人として、主体的に生涯学習を続け、医療の質の向上に貢献できる能力を養います。
  3. 患者、家族のニーズを尊重し、社会的資源を活用し、患者のQOLを高める援助能力を養います。

 

多根総合病院看護部研修における組織体制

集合教育

集合教育の目標と研修内容

段階別 対象 到達目標 計画
段階T 卒後1年 臨床実践に必要な知識・技術および社会人・専門職業人としての能力を身につける

新入職者研修 看護技術安全研修(与薬時の看護・患者移動時の看護・安楽な呼吸への看護・急変時の看護)、メンバーシップ、ME機器必要時の看護、看護記録、看護過程、CS研修、看護倫理、医療安全T、ナラティブ

段階U 卒後2年 看護実践者としての基本的能力を基盤として、根拠に基づいた看護が実践できる 看護理論、看護理論を用いた看護過程、医療安全U、人間性を磨くケーススタディ(概論・発表)
段階V 卒後3年 受け持ち看護師として自立し、患者の個別性を捉えた看護が実践できる リーダーシップ(概論・各論)、QC活動、看護研究(概論・各論・発表)、医療安全V
段階 W 卒後4年 リーダーとしての役割と責任を果たし、看護実践のモデルとなることができる コスト・経営管理、医療安全W、チーム活動、組織とリーダーシップ・キャリアディベロップメント他部署研修(チーム医療・医療安全・感染管理)、看護研究(概論・各論・発表)、看護の専門性(シンポジュウム)
段階 X 卒後5年 TOOTASナースとしての役割モデルとなることができる
高い臨床実践能力を持ち、質の高い看護が実践できる
実習指導者
  1. 実習指導者のあり方が理解できる
  2. 指導のプロセスを理解し、自己の指導のあり方が分かる
  3. 実習指導者として自己研鑽ができる
チューター チューターとしての役割を理解し、新人看護職に対して仕事の仕方、学習方法、悩み事などの精神面、生活支援が行える。
看護管理者 教育的視点を持ち、スタッフ育成ができる。看護の質向上のための行動ができ、病院経営に参画する。
専門職業人として、自己の成長にあわせた段階的教育プログラム
(家族愛を持って、秩序を基礎とし、進歩成長し続ける)
卒後5年目までは必須。以後は、認定看護師を目指して更なる進歩を支援します。
新人看護職員に対しては、新人看護職員研修ガイドラインに沿って、企画・立案し、看護実践到達目標を達成するためにローテーション研修を実施します。専門職業人として方向性を定め、急性期病院を中心に関連施設(眼科専門病院・回復期リハビリ病院・長期療養病床・老健施設・訪問看護ステーション等)で力を発揮できます。
このページのTOPへ

T.集合教育

集合教育

詳細はこちらから

詳細はこちらから

詳細はこちらから

このページのTOPへ

U.個人別実践サポート体制

チューター制度

新人看護師には、初年度一人ひとりにチューターがつきます。
チューターは、個々の悩みや不安を解消しつつ、精神面での支援を行ってくれます。

個人別 『看護個人録』

個人の目標到達に向けてのサポートとして平成20年から開始した新たな取り組みです。
個人録は、あなたの成長がしっかりと指導・評価され業績の歴史を綴るものです。

このページのTOPへ

V.多根TOOTASペアナースシステム

多根総合病院はクオリティの高い看護の実践と、確実な人材育成を目的として「多根TOOATSペアナースシステム」(多根TPS)を導入しました。主任を中心としたグループに属し、常に誰かのコーチングやサポートを受けられる環境の中で日々の看護業務を行い、さらに受持ち患者様を一人ではなく先輩ナースとペアを組み、その患者様の看護はもちろん看護計画やサマリーなどの作成も学びながら責任を共有していく。そのような守られた環境の中で独り立ちの不安や戸惑いを最小限に抑えながら安全にかつ着実に「看護力」を身につけていけるシステムです。
このページのTOPへ

W.教育費支援制度 〜他病院にはない充実した制度です〜

努力して、より専門性を身につけたい人のために利用できる制度です。

自分が希望する院外研修・学会参加費を、年間7万円まで支援させていただきます。

最近は休日を利用して、この制度を活用する人が増えてきました。

このページのTOPへ

Ⅴ.認定看護師資格取得支援制度 〜資格取得をめざす人にとっては真に充実した制度です〜

本院では、より高度な看護実践をめざし、各種認定看護師資格取得を強力にサポートしています。認定看護師の教育課程を受講期間中は研修扱いですので、給与全額支給、また認定看護師教育課程入学金・受講料は、きつこう会が全額負担いたします。また、この期間は退職金算定期間にも加算されます。(他病院では休暇扱いとする場合が多いので、給与も支給されませんし、退職金算定期間にも加算されません。)

このページのTOPへ

認定看護師資格の取得方法

認定看護師資格の取得方法
このページのTOPへ

活躍する認定看護師

認定看護師とは、ある特定の看護分野で、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践ができる者をいい、看護現場で実践・指導・相談の3つの役割が求められます。

認定看護管理者とは、基本的に看護部長もしくは副看護部長以上の職位に就いている者を対象とし、病院内の看護師などの管理や教育をはじめ、病院運営への参画や地域・行政との連携を通じて質の高い組織的看護サービスを提供することが求められます。

日本看護協会が認定する認定看護師

救急看護 透析看護
皮膚・排泄ケア 手術看護
集中ケア 乳がん看護
緩和ケア 摂食・嚥下障害看護
がん化学療法看護 小児救急看護
がん性疼痛看護 認知症看護
訪問看護 脳卒中リハビリテーション看護
感染管理 がん放射線療法看護
糖尿病看護 慢性呼吸器疾患看護
不妊症看護 慢性心不全看護
新生児集中ケア  
このページのTOPへ

Adobe ReaderPDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている Adobe® Reader™ プラグインが必要です。